いたすけ古墳(読み)いたすけこふん

国指定史跡ガイドの解説

いたすけこふん【いたすけ古墳】


大阪府堺市北区百舌鳥本町(もずほんまち)にある前方後円墳。前方部を西に向けた大型の古墳で、1956年(昭和31)に国の史跡に指定された。百舌鳥古墳群のほぼ中央、大仙陵古墳(仁徳(にんとく)天皇陵)の南、上石津(かみいしづ)ミサンザイ古墳(履中(りちゅう)天皇陵)の東に位置し、全長146m、後円部径90m、高さ12.2m、前方部幅99m、高さ11.1m、周濠幅25~39mで、墳丘は3段に築成され、くびれ部の南側には造り出しが残存する。主体部の構造や副葬品などは不明。台地の南端に位置するため、周濠の南側には大規模な堤が築かれており、5世紀中ごろから後半ごろに作られた古墳と推定される。仁徳天皇陵、履中天皇陵を中心とする百舌鳥古墳群の中においても主要な地位を占め、保存の状態もきわめて良好である。後円部から出土した衝角付冑(しょうかくつきかぶと)形埴輪(はにわ)は堺市の文化財保護のシンボルマークになっている。JR阪和線百舌鳥駅から徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

デジタル大辞泉の解説

いたすけ‐こふん【いたすけ古墳】

大阪府堺市北区百舌鳥本町(もずほんまち)にある、5世紀の古墳百舌鳥古墳群を構成する前方後円墳で、前方部の長さがやや短くが広い。長さ146メートル、高さ12メートル。昭和30年(1955)頃に住宅造成のため破壊されそうになったが、市民運動によって保存された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いたすけ古墳の関連情報