コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上石津 かみいしづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上石津
かみいしづ

岐阜県南西部,大垣市西部の飛び地で旧町域。養老山地西麓と鈴鹿山脈東麓の間に位置する。 1955年牧田村,一之瀬村,時村,多良村の4村が合体して上石津村となり,1969年町制施行。 2006年大垣市に編入。関ヶ原と三重県北勢地方を結ぶ交通路 (国道 365号線,巡見街道 ) 沿いにあり,三重県との関係が深い。山地が広く,木材,茶を産する。国指定重要文化財の桑原家住宅,国指定天然記念物の一之瀬のホンシャクナゲ群落がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上石津
かみいしづ

岐阜県南西端、養老郡にあった旧町名(上石津町(ちょう))。現在は大垣(おおがき)市の飛び地で、垂井(たるい)町、養老町を挟んで西南方に位置する。旧上石津町は1969年(昭和44)町制施行。2006年(平成18)大垣市に編入。旧町域は鈴鹿(すずか)山脈と養老山地の間を北流する牧田(まきだ)川流域にあって、国道365号が走る。米作と野菜栽培が盛んで、茶も生産されている。旧町の中心の宮地区には、西高木家の館(やかた)がある。同家は、江戸時代に木曽(きそ)、長良(ながら)、揖斐(いび)の3川の水行(みずゆき)奉行(ぶぎょう)を勤めた旗本で、西、東、北の三高木家の中心であった。また一之瀬(いちのせ)には国指定重要文化財の桑原家住宅がある。牧田川はアユ、アマゴの釣り場に好適。上流の多良(たら)峡は景勝地で、揖斐関ヶ原養老国定公園の一部。上多良にはアスレチックコース、テニスコートなどの施設のある「かみいしづ緑の村公園」がある。[上島正徳]
『『上石津町史』(1977・上石津町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

上石津の関連キーワード岐阜県大垣市上石津町宮岐阜県大垣市田出井山古墳いたすけ古墳西高木家陣屋石津ヶ丘古墳丸保山古墳大垣(市)文珠塚古墳履中天皇陵江口 夜詩収塚古墳長塚古墳塚廻古墳藤浩志養老焼

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上石津の関連情報