仁徳天皇陵(読み)にんとくてんのうりょう

  • にんとくてんのうりょう ‥テンワウ‥
  • にんとくてんのうりょう〔ニントクテンワウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大阪府堺市百舌鳥にある,仁徳天皇が被葬者とされる古墳宮内庁により百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)と呼称されているほか,大仙古墳(大山古墳),大仙陵(大山陵)などとも呼ばれる。墳墓の形式は前方後円墳で,墳丘全長約 486m,後円部の直径約 249m,後円部の高さ約 35.8m,前方部の幅約 307m,前方部の高さ約 33.9mと日本最大である。三重の堀がめぐらされ,墳丘は 3段に築かれている。家形,動物,人物などの埴輪が数多く出土し,周囲には十数基の陪塚がある。明治5(1872)年,前方部が崩れて竪穴式石室が露出し,中から眉庇付冑(まびさしつきかぶと),短甲,ガラス碗などが発見された。2019年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

仁徳天皇の陵墓に比定される日本最大の前方後円墳。大阪府堺市にある。全長486メートル。百舌鳥耳原中陵もずのみみはらのなかのみささぎ。大山だいせん古墳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪府(さかい)市大仙町にある日本最大の前方後円墳、大山古墳の通称名。仁徳徳天皇陵に比定されていることによる。百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)、大山陵(だいせんりょう)、大仙陵ともいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

大阪府堺市大仙町にある前方後円墳。全長四八六メートル。三重の濠(ほり)をめぐらす日本最大の古墳で、世界最大級の墳墓である。百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)。大山(だいせん)古墳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁徳天皇陵の関連情報