コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いっそ イッソ

デジタル大辞泉の解説

いっそ

[副]《「いっそう(一層)」の音変化という》
中途半端な状態を排して思いきったことを選ぶときに用いる。とやかく言わないで。むしろ。いっそのこと。「そんな絵ならいっそ掛けないほうがましだ」
予想に反した事を述べるときに用いる。かえって。反対に。「近ごろは角帽をかぶった学生のほうがいっそ異様だ」
好ましいものをあきらめ、意に添わないことを選ぶときに用いる。どうせ。
「一木もやどりのたよりならねば、―にぬれた袖笠」〈浮・一代男・一〉
まったく。たいそう。
「大屋さんのおかみさんへ―追従(ついしょう)ばかりいって」〈滑・膝栗毛・発端〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

いっその関連キーワード五鼎に食らわずんば死して五鼎に烹られん五鼎に食わずんば死して五鼎に烹られん鹿児島県奄美市名瀬有屋上鴨川住吉神事舞鹿児島県奄美市とてものことにアクロバット迚ものことに遣り付ける入れ合はす一層の腐れ西国を打つ御座いますいっその事西浦田楽井上陽水釈迦担ひ真木悠佑中川雅子其れ丈に

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いっその関連情報