コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおいぬ座 おおいぬざCanis Major

翻訳|Canis Major

2件 の用語解説(おおいぬ座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おおいぬ座
おおいぬざ
Canis Major

大犬座。2月下旬の宵に南中する南天の星座。概略位置は赤経6時 40分,赤緯-24°。α星シリウスは全天第1の輝星。またβ星は特殊なケフェウス型変光星として知られる。星座の東半分は天の川にかかり,散開星団が多く,特に M41は小望遠鏡でもよく見える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おおいぬ座
おおいぬざ / 大犬座

冬の宵、南の中天にかかる明るい星座で、大犬の口元に全天一明るいシリウスが輝いている。シリウスはギリシア語のセイリオス(焼き焦がすもの)からきた名前とされ、夏至のころ、太陽がこの星の近くにやってきて、ともに並んで夏の炎暑をもたらすとみられていた。シリウスがマイナス1.5等というすばらしい明るさに見えるのは、距離が8.6光年と近いためで、星の実体がずばぬけて明るいからではない。シリウスは8.44等級の白色矮星(わいせい)の伴星を連れている。双眼鏡で楽しめる天体としては、シリウスの約4度南にある散開星団M41がある。[藤井 旭]
『藤井旭著『冬の星座』(1988・金の星社) ▽藤井旭著『秋・冬星座図鑑――もっと知りたい秋・冬の星座』(2002・偕成社) ▽藤井旭著『星座大全――冬の星座』(2003・作品社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おおいぬ座の関連情報