コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおいぬ座 おおいぬざ Canis Major

翻訳|Canis Major

2件 の用語解説(おおいぬ座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おおいぬ座
おおいぬざ
Canis Major

大犬座。2月下旬の宵に南中する南天の星座。概略位置は赤経6時 40分,赤緯-24°。α星シリウスは全天第1の輝星。またβ星は特殊なケフェウス型変光星として知られる。星座の東半分は天の川にかかり,散開星団が多く,特に M41は小望遠鏡でもよく見える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おおいぬ座
おおいぬざ / 大犬座

冬の宵、南の中天にかかる明るい星座で、大犬の口元に全天一明るいシリウスが輝いている。シリウスはギリシア語のセイリオス(焼き焦がすもの)からきた名前とされ、夏至のころ、太陽がこの星の近くにやってきて、ともに並んで夏の炎暑をもたらすとみられていた。シリウスがマイナス1.5等というすばらしい明るさに見えるのは、距離が8.6光年と近いためで、星の実体がずばぬけて明るいからではない。シリウスは8.44等級の白色矮星(わいせい)の伴星を連れている。双眼鏡で楽しめる天体としては、シリウスの約4度南にある散開星団M41がある。[藤井 旭]
『藤井旭著『冬の星座』(1988・金の星社) ▽藤井旭著『秋・冬星座図鑑――もっと知りたい秋・冬の星座』(2002・偕成社) ▽藤井旭著『星座大全――冬の星座』(2003・作品社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおいぬ座の関連キーワード海豚座海蛇座大犬座旗魚座烏座楯座艫座鳩座炉座兎座

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おおいぬ座の関連情報