炎暑(読み)えんしょ

精選版 日本国語大辞典「炎暑」の解説

えん‐しょ【炎暑】

〘名〙 (古く「えんじょ」とも) 真夏の燃えるような暑さ炎熱酷暑。《季・夏》
※本朝文粋(1060頃)八・避暑対水石序〈大江匡衡〉「方今避林鐘之。対殿庭之水石
※太平記(14C後)二〇「其の故は孔明此の炎暑(エンショ)に向て、昼夜心身を労せしむるに」 〔阮籍‐詠詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「炎暑」の解説

えん‐しょ【炎暑】

《古くは「えんじょ」とも》真夏の焼けつくような暑さ。酷暑。 夏》「うまや路の―にたかきまき一樹/蛇笏
[類語]猛暑暑気酷暑極暑激暑厳暑暑さ大暑暑熱炎熱酷熱温気向暑残暑焦熱極熱灼熱暑い蒸し暑い暑苦しい焼け付く蒸すいきれ人いきれ草いきれむんむんむしむしする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「炎暑」の解説

【炎暑】えんしよ

きびしい暑さ。・阮籍〔詠懐、八十二首、七〕詩 炎惟(こ)れ(こ)の夏 三旬將(まさ)に移らんと欲す

字通「炎」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android