おきうと(読み)オキウト

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おきうと
おきうと

海藻の加工品。おきゅうとともいう。福岡を中心とした地域で日常よく食用とされる。数百年来の歴史があり、庶民の朝食用の副菜として用いられてきた。材料の海藻は、紅藻のエゴノリを主材料にイギスなどを混ぜたもので、これを煮溶かしたのち、長径20センチメートルくらいの小判形に固める。これを細く切り、削りかつお節をかけ、酢じょうゆ、あるいはしょうゆ味で食べる。保存用には、これをさらに乾燥したものがある。水でもどして、なまのものと同様食用にする。いずれも、味、口当りは、ところてんに近いが、もう少しこくがあるのと、口当りがざらっぽい。色も薄い褐色である。低エネルギー食品で、食物繊維が多い。[河野友美・大滝 緑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おき‐うと

〘名〙 (「おきうど」「おきゅうと」「おきゅうど」とも) 海藻「えごのり(恵胡海苔)」の異名。また、えごのりだけで作られた寒天状の食品の称。福岡の名産。《・夏》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android