おきうと(読み)オキウト

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おきうと
おきうと

海藻の加工品。おきゅうとともいう。福岡を中心とした地域で日常よく食用とされる。数百年来の歴史があり、庶民の朝食用の副菜として用いられてきた。材料の海藻は、紅藻のエゴノリを主材料にイギスなどを混ぜたもので、これを煮溶かしたのち、長径20センチメートルくらいの小判形に固める。これを細く切り、削りかつお節をかけ、酢じょうゆ、あるいはしょうゆ味で食べる。保存用には、これをさらに乾燥したものがある。水でもどして、なまのものと同様食用にする。いずれも、味、口当りは、ところてんに近いが、もう少しこくがあるのと、口当りがざらっぽい。色も薄い褐色である。低エネルギー食品で、食物繊維が多い。[河野友美・大滝 緑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android