コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おせつ・徳三郎 おせつ・とくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おせつ・徳三郎 おせつ・とくさぶろう

落語の登場人物。
大店(おおだな)の娘おせつと,奉公人の徳三郎が恋におち,堀にとびこみ心中をはかるが,筏(いかだ)の上におちてたすかる。落語の「おせつ徳三郎」は初代春風亭柳枝(りゅうし)がつくった大作で,「花見小僧」「隅田のなれそめ」「刀屋」の3部からなる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

おせつ・徳三郎の関連キーワード古今亭 志ん生(4代目)柳家 小さん(4代目)談洲楼 燕枝(初代)古今亭志ん生(4代)大店

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android