コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おせつ徳三郎

デジタル大辞泉プラスの解説

おせつ徳三郎

古典落語の演目のひとつ。「おせつ」「花見小僧」「刀屋」「隅田の馴染め」「連理の梅ヶ枝」などの別題がある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おせつ徳三郎
おせつとくさぶろう

落語。初代春風亭柳枝(しゅんぷうていりゅうし)がつくった現存落語中屈指の大作。上中下に分かれ、上を「花見小僧」、中を「隅田のなれそめ」、下を「刀屋」とよぶ。また「お節徳三郎恋のかな文」「連理(れんり)の梅ヶ枝」という別名もある。大店(おおだな)の主人が娘のおせつに婿をとろうとするが、おせつは奉公人の徳三郎と恋仲だったため徳三郎に暇を出す。徳三郎はおせつを殺して自分も死のうと刀屋に立ち寄るが、刀屋の主人が意見する。そこへ、おせつが婚礼の席から逃げ出したという情報が入る。徳三郎は飛び出して両国橋のところでおせつに会う。2人はあの世で夫婦(めおと)になろうと「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」と唱えて深川の木場の橋から川に飛び込むと、下は一面の筏(いかだ)。「徳や、なぜ死ねないのだろう」「死ねないわけだ。いまのお材木(お題目)で助かった」。この噺(はなし)は明治・大正・昭和にかけて多くの噺家が口演したもので、上の会話のおもしろさ、下のしみじみとした聴かせ場など、話芸としての価値は高い。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おせつ徳三郎の関連情報