コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おばこ節 オバコブシ

百科事典マイペディアの解説

おばこ節【おばこぶし】

山形秋田両県の代表的民謡。庄内地方におこったとされる。秋田県仙北地方の歌を《秋田おばこ》として大正時代にレコード化して,全国に知られる。〈山形おばこ〉は素朴で土地によって旋律に変化が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おばこぶし【おばこ節】

民謡。〈おばこ〉は若い年ごろの娘をいう方言。山形県の《庄内おばこ》は,方言を盛り込んだユーモラスな歌詞と,のどかな旋律に人気がある。歌の発生は近世初頭ころかともいわれ,農家の縄ない歌としてもうたわれたという。これと並んで人気のある秋田県の《秋田おばこ》は,仙岩峠を越えて南部盛岡へと往来する庄内の博労(ばくろう)たちの手により《庄内おばこ》が運ばれたものといわれ,仙北地方各地にうたわれていた〈おばこ〉を総称して《仙北おばこ》といった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

おばこ節の関連キーワード山形[県]秋田[県]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おばこ節の関連情報