コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お嬢吉三 オジョウキチサ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お嬢吉三 おじょう-きちさ

歌舞伎「三人吉三廓初買」の登場人物。
八百屋久兵衛の息子で女装の盗賊。お坊吉三,和尚吉三と盗賊どうしで義兄弟契りをかわす。百両の金をめぐって物語が展開し,最後に捕方(とりかた)にかこまれ,3人が刺しちがえて死ぬ。河竹黙阿弥の作で,安政7年(1860)江戸市村座初演。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おじょうきちさ【お嬢吉三】

歌舞伎「三人吉三廓初買くるわのはつがい」の主人公、三人吉三のうちの一人で、女装の盗賊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のお嬢吉三の言及

【三人吉三廓初買】より

河竹黙阿弥作。1860年(万延1)1月江戸市村座で,和尚吉三を4世市川小団次,お嬢吉三を3世岩井粂三郎(のちの8世岩井半四郎),お坊吉三を初世河原崎権十郎(のちの9世市川団十郎),土左衛門伝吉を3世関三十郎らが初演。この年は庚申(かのえさる)の年だったので,庚申の宵に懐妊した子は盗癖があるという俗説にちなんで,〈八百屋お七〉の趣向により〈吉三〉と名のる3人の盗賊を活躍させた白浪物。…

※「お嬢吉三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

お嬢吉三の関連キーワード月も朧に白魚の篝もかすむ春の空尾上 菊五郎(6代目)岩井半四郎(8代)長谷川 一夫長谷川一夫岩井半四郎衣笠貞之助八百屋お七中村隼人腕を引く歌舞伎厄払い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android