吉田正(読み)よしだただし

百科事典マイペディア「吉田正」の解説

吉田正【よしだただし】

作曲家。茨城県生れ。日立工専卒。シベリア抑留中に作曲した《異国》で1948年にデビュー。1957年からフランク永井った《東京午前三時》《夜霧の第二国道》《有楽町で逢いましょう》,和田弘とマヒナスターズ・松尾和子の《グッド・ナイト》(1959年),《誰よりも君を愛す》(1960年,レコード大賞受賞)などの都会調歌謡曲,橋幸夫・吉永小百合の《いつでも夢を》(1962年,レコード大賞受賞),三田明《美しい十代》(1963年)などの青春歌謡,鶴田浩二の《傷だらけの人生》(1970年),橋幸夫の《子連れ狼》(1971年),佐々木功の《雪の慕情》(1997年)など,約2400曲を作曲。〈吉田学校門下生〉と呼ばれる多くのスター歌手を世に送り出す。日本作曲家協会会長などを歴任。1998年国民栄誉賞(死後追贈)。
→関連項目フランク永井

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「吉田正」の解説

吉田正
よしだただし

[生]1921.1.20. 茨城,日立
[]1998.6.10. 東京
作曲家。日立工業専修学校卒。1942年徴兵され中国東北部へ行き,演習中に『昨日も今日も』を作詞・作曲した。戦後シベリアに抑留され 1948年帰国。『昨日も今日も』に別のがついて,自分の帰国より前に『異国の丘』となって流行していたことを知る。この作曲者として認定され,1949年ビクター専属の作曲家となる。以後 1958年『有楽町で逢いましょう』,1960年『潮来笠(いたこがさ)』,1962年『いつでも夢を』など数多くの流行歌を生んだ。また「吉田学校」といわれるほど多くのすぐれた新人を育てた。生涯を通じて 2000曲以上の作品を残した。日本作曲家協会会長,日本音楽著作権協会会長をつとめ,1982年には紫綬褒章受章没後国民栄誉賞が贈られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「吉田正」の解説

吉田正 よしだ-ただし

1921-1998 昭和後期-平成時代の作曲家。
大正10年1月20日生まれ。昭和23年シベリア抑留から帰国すると,戦時中に作詞・作曲した歌に別の詞がつけられ,「異国の丘」として流行していた。24年ビクター専属となり,フランク永井の「有楽町で逢いましょう」などのヒットで流行作曲家となる。松尾和子,橋幸夫らおおくの歌手をそだて,吉田学校とよばれた。平成10年6月10日死去。77歳。没後国民栄誉賞。茨城県出身。日立工業専修学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「吉田正」の解説

よしだ‐ただし【吉田正】

[1921〜1998]作曲家。茨城の生まれ。フランク永井、橋幸夫、松尾和子ら多くの歌手を育て、「有楽町で逢いましょう」「いつでも夢を」「誰よりもを愛す」など、数々のヒット曲を手がけた。没後、国民栄誉賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android