コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田正 よしだただし

4件 の用語解説(吉田正の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田正
よしだただし

[生]1921.1.20. 茨城,日立
[没]1998.6.10. 東京
作曲家。日立工業専修学校卒。1942年徴兵され中国東北部へ行き,演習中に『昨日も今日も』を作詞・作曲した。戦後シベリアに抑留され 1948年帰国。『昨日も今日も』に別の詞がついて,自分の帰国より前に『異国の丘』となって流行していたことを知る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐ただし【吉田正】

[1921~1998]作曲家。茨城の生まれ。フランク永井、橋幸夫、松尾和子ら多くの歌手を育て、「有楽町で逢いましょう」「いつでも夢を」「誰よりも君を愛す」など、数々のヒット曲を手がけた。没後、国民栄誉賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉田正【よしだただし】

作曲家。茨城県生れ。日立工専卒。シベリア抑留中に作曲した《異国の丘》で1948年にデビュー。1957年からフランク永井が歌った《東京午前三時》《夜霧の第二国道》《有楽町で逢いましょう》,和田弘とマヒナスターズ・松尾和子の《グッド・ナイト》(1959年),《誰よりも君を愛す》(1960年,レコード大賞受賞)などの都会調歌謡曲,橋幸夫・吉永小百合の《いつでも夢を》(1962年,レコード大賞受賞),三田明《美しい十代》(1963年)などの青春歌謡,鶴田浩二の《傷だらけの人生》(1970年),橋幸夫の《子連れ狼》(1971年),佐々木功の《雪の慕情》(1997年)など,約2400曲を作曲。
→関連項目フランク永井

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田正 よしだ-ただし

1921-1998 昭和後期-平成時代の作曲家。
大正10年1月20日生まれ。昭和23年シベリア抑留から帰国すると,戦時中に作詞・作曲した歌に別の詞がつけられ,「異国の丘」として流行していた。24年ビクター専属となり,フランク永井の「有楽町で逢いましょう」などのヒットで流行作曲家となる。松尾和子,橋幸夫らおおくの歌手をそだて,吉田学校とよばれた。平成10年6月10日死去。77歳。没後国民栄誉賞。茨城県出身。日立工業専修学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田正の関連キーワード旧シベリア諸語シベリア横断鉄道シベリアンハスキーシベリア特措法シベリア特別措置法シベリア虎イベリア茨城県日立市入四間町茨城県日立市久慈町茨城県日立市宮田町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田正の関連情報