三人吉三(読み)さんにん きちさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三人吉三 さんにん-きちさ

歌舞伎「三人吉三廓初買(くるわのはつがい)」に登場する3人の盗賊。
浪人のお坊吉三,巾着切り和尚吉三,女姿でそだてられた旅役者お嬢吉三の3人。物語は,ぬすまれた短刀庚申(こうしん)丸と,それを売った金100両をめぐってくりひろげられる。河竹黙阿弥作の世話物

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三人吉三【さんにんきちさ】

歌舞伎劇。河竹黙阿弥作。本外題《三人吉三廓初買(くるわのはつかい)》。1860年初演。女装のお嬢吉三,侍あがりのお坊吉三,僧侶(そうりょ)あがりの和尚(おしょう)吉三という3人の盗賊が義兄弟の契りを結ぶ〈大川端〉を発端とし,複雑な因果関係を描いた世話物。お嬢の〈月もおぼろに白魚の……〉のせりふは有名。
→関連項目厄払い(演劇)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんにんきちさ【三人吉三】

歌舞伎「三人吉三廓初買さんにんきちさくるわのはつがい」の通称。世話物。河竹黙阿弥作。お坊吉三・和尚吉三・お嬢吉三の三人の盗賊を主人公とし、百両の金と名刀庚申丸をめぐる白浪物。序幕大川端の場が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android