コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三人吉三 さんにん きちさ

3件 の用語解説(三人吉三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三人吉三 さんにん-きちさ

歌舞伎「三人吉三廓初買(くるわのはつがい)」に登場する3人の盗賊。
浪人のお坊吉三,巾着切り和尚吉三,女姿でそだてられた旅役者お嬢吉三の3人。物語は,ぬすまれた短刀庚申(こうしん)丸と,それを売った金100両をめぐってくりひろげられる。河竹黙阿弥作の世話物

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

三人吉三【さんにんきちさ】

歌舞伎劇。河竹黙阿弥作。本外題《三人吉三廓初買(くるわのはつかい)》。1860年初演。女装のお嬢吉三,侍あがりのお坊吉三,僧侶(そうりょ)あがりの和尚(おしょう)吉三という3人の盗賊が義兄弟契りを結ぶ〈大川端〉を発端とし,複雑な因果関係を描いた世話物
→関連項目厄払い(演劇)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

さんにんきちさ【三人吉三】

歌舞伎「三人吉三廓初買さんにんきちさくるわのはつがい」の通称。世話物。河竹黙阿弥作。お坊吉三・和尚吉三・お嬢吉三の三人の盗賊を主人公とし、百両の金と名刀庚申丸をめぐる白浪物。序幕大川端の場が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三人吉三の関連キーワード三人吉三廓初買和尚吉三お嬢吉三お坊吉三小長い白浪物初買い月も朧に白魚の篝もかすむ春の空《三人吉三》《三人吉三巴白浪》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三人吉三の関連情報