コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お富・与三郎 おとみ・よさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お富・与三郎 おとみ・よさぶろう

講談,歌舞伎などの登場人物。
与三郎は小間物屋の若旦那(だんな)。博徒の妾(めかけ)のお富との密会を知られ全身に切り傷を負い,お富は海にとびこむ。3年後無頼漢となった与三郎は源氏店(げんじだな)で,死んだはずのお富と再会する。長唄家元4代芳村伊三郎の情痴事件をもとに脚色された。歌舞伎の「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)(切られ与三)」で有名。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

お富・与三郎の関連キーワード古今亭志ん生(初代)金原亭馬生(10代)神田 松鯉(2代目)金原亭馬生(10世)古今亭志ん生(2世)古今亭志ん生(1世)お富/与三郎古今亭志ん生

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android