お富・与三郎(読み)おとみ・よさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お富・与三郎 おとみ・よさぶろう

講談,歌舞伎などの登場人物。
与三郎は小間物屋の若旦那(だんな)。博徒の妾(めかけ)のお富との密会を知られ全身に切り傷を負い,お富は海にとびこむ。3年後無頼漢となった与三郎は源氏店(げんじだな)で,死んだはずのお富と再会する。長唄家元4代芳村伊三郎の情痴事件をもとに脚色された。歌舞伎の「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)(切られ与三)」で有名。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android