コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お鯉 おこい

2件 の用語解説(お鯉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お鯉 おこい

1880-1948 明治-大正時代の芸妓(げいぎ)。
明治13年12月8日生まれ。14歳で東京新橋の芸妓となる。市村家橘(かきつ)(15代市村羽左衛門),桂太郎に落籍されたがともに死別。銀座にカフェーを開業。帝人事件に関係し出家,妙照尼と号し東京目黒の羅漢(らかん)寺の再興につとめた。昭和23年8月14日死去。69歳。東京出身。旧姓は小久江。本名は安藤照。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

20世紀日本人名事典の解説

お鯉
オコイ

明治・大正期の芸妓 政治家・桂太郎の愛妾。



生年
明治13(1880)年12月8日

没年
昭和23(1948)年8月14日

出生地
東京・四谷

本名
安藤 照

旧姓(旧名)
小久江

別名
号=妙照尼

経歴
東京・四谷見附の漆問屋に生まれ、6歳の時に新宿で引手茶屋を営む安藤兼作の養女となる。間もなく養家の家産が傾き、明治26年14歳で新橋の芸妓となった。さらに16歳の時には新聞人・福地桜痴らの後援を受けて独立し、“目千両”と言われた美貌で人気を集めた。32年歌舞伎俳優の市村家橘(のちの15代目市村羽左衛門)と結婚するが、のち離別。再び芸妓として活躍していたところを政治家・首相の桂太郎に見初められ、日露戦争開戦直前に落籍された。桂からひとかたならぬ寵愛を受けるも、大正2年に死別し、知人の援助を受けて銀座にカフェナショナルを開業。しかし、昭和9年の帝人事件に連座し、偽証罪で実刑判決を受けた。その後、国家主義者・頭山満の勧めで出家し、妙照尼と名乗って荒廃していた目黒の羅漢寺の復興に尽力した。回顧録に「お鯉物語」「続お鯉物語」がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お鯉の関連キーワード伊藤梅子今井キミ鹿島ゑつ金井四郎伊達宗曜田中竹子浜の家お花松村鬼史源八千代横山さき

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お鯉の関連情報