かかりつけ医(読み)かかりつけい

百科事典マイペディアの解説

体調の管理や,病気の治療・予防など,自分や家族の健康に関して,日常的に相談でき,緊急の場合にも対処してくれる医師および歯科医師のこと。一般には地元の開業医を指すことが多い。 日本では,安心感からか大病院志向が強く,ささいなケガや病気でも大病院にかかるケースが多い。このため,大病院に患者が集中し,待合室には患者があふれ,〈3分診療3時間待ち〉などといわれるようにまでなった。こうした状況を軽減するため,厚生省は1997年,医療保険制度改革案〈21世紀の医療保険制度〉の中で,医療機関の機能分担と連携および地域医療の充実を提案。〈かかりつけ医(歯科医)〉の支援および機能拡充のための体制づくりと,診療所から病院への患者の適切な流れを促進することを明示した。 1993年に日本医師会の〈かかりつけ医研究会〉がまとめたアンケート調査によると,〈かかりつけの医師や医療機関をすでに決めている人〉は全体の73.4%(医師・医療機関ともに決めている人=9.4%,医師は決めている人=37.2%,医療機関のみ決めている人=26.8%)で,〈決めてはいないが必要と感じている〉と答えた人の24%と合わせると97.4%の人が,その必要性を感じていることになる。しかし,日本では医師や医療機関についての情報が少ないことから,安心してかかれる〈かかりつけ医〉を見つけ出すことが難しいという状況もあり,医師や病院の情報公開も今後の課題の一つである。 ますます進む高齢化社会のなかで,かかりつけ医には,単にケガや病気の治療だけでなく,地域住民の健康管理や健康増進,個々の住民の必要性に応じた,適切な医療・福祉サービスの向上を図るといった役目も要求されている。また,近年実施が進められている医薬分業のもとでは,〈かかりつけ医〉と同様に,自分の体調や他の薬との関係などを把握し,相談にのってくれる〈かかりつけ薬局〉の整備も重要である。→プライマリー・ケア
→関連項目救急カード訪問看護ステーション

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

患者の健康管理について相談にのり、日常的な診療や初期治療にあたる医師。地域の開業医がこれを担い、より詳細な検査や高度な診療が必要と判断した場合には、協力体制にある総合病院等に紹介する。最新の医療情報を熟知し、幅広い総合的な診療能力を備えた、いわゆる総合診療医であることが望ましい。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かかりつけ医の関連情報