コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合診療医 そうごうしんりょうい

3件 の用語解説(総合診療医の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

総合診療医

「総合的な診療能力を有する医師」を指す名称。身体の状態だけでなく患者の社会生活なども含めた全体を継続的に診つつ、必要に応じて適切に臓器や疾病に特化した専門医への橋渡しをする、いわゆるプライマリ・ケアを行う。厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」で、小児科専門医、精神科専門医、総合内科専門医等18領域にわたる既存の基本領域に新たにこれを加えることが2012年8月の中間まとめで先に決まり、追って同年12月に「総合診療医」という名称も決まった。
新たに設置する必要性として、高齢者が増え、生活習慣病をはじめとする慢性疾患を一人の患者がいくつも抱えているケースが非常に増えていること、何か不調が起こった場合に患者の判断では適切な専門医を受診することが困難なケースも多いこと、また地域医療においては家族構成や地域の特色、仕事などの情報も踏まえて患者を心身両面から全体的に診ることのできる医師が求められていること、などが挙げられる。
今後、プライマリ・ケア連合学会、内科学会、小児科学会が合同で養成プログラムを作成し認定制度を整えた上で、17年度から研修を開始する予定で、総合診療医で専門医認定を受けようとする者は、医学部卒業後2年間の臨床研修を経て、専門医研修を3年間受けることになる。研修内容は内科、小児科、救急を必須とし、外科、整形外科産婦人科等を選択する形が検討されている。
かかりつけ医」「家庭医」と呼ばれている地域の開業医との区別や、在宅医療での役割など、具体的なイメージについては13年2月末現在、前出の「専門医の在り方に関する検討会」内でもまだ合意は得られておらず、今後の課題とされている。
高齢化の進行や、プライマリ・ケアを導入した諸外国の状況などから、厚生労働省では将来的には数万人の総合診療医が必要になるとみている。

(石川れい子  ライター / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうごうしんりょう‐い〔ソウガフシンレウ‐〕【総合診療医】

総合的な診療能力を有し、プライマリーケアを専門に行う医師。身体の状態だけでなく、心理的・社会的問題も含めて、患者を継続的に診察し、必要に応じて専門医に紹介する。
[補説]総合医と同義に使われることが多いが、病院の総合診療科などに勤務する医師を総合診療医、地域の診療所で医療に従事する医師を総合医と区別することもある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総合診療医
そうごうしんりょうい

専門分野をもちつつ、基本領域の系統的な知識に基づいた幅広い総合的な診療能力を備え、病院の総合診療科や地域において診療に携わる医師。基本的には、患者の身近にいて、患者が地域生活を送るうえでの全体的で多様な健康上のニーズに対応できるよう、総合的で多様な医療サービスを提供し、おもによく遭遇する疾患(コモン・ディジーズcommon disease)の診療、とくに初期対応にかかわる。また、先進医療や特殊医療にも精通していることが求められる。さらに、特定臓器に対する専門的治療が必要とされる場合は、各領域の専門医を適切に紹介する役割を担う。しかし、総合診療医の医師像については、内科医の診療とどう区別するかなどという点も含めて、まだ議論が続けられているのが実情である。
 社会の高齢化につれて、2025年には慢性疾患を複数もつような高齢者が相当数に上り、総合診療のニーズがさらに高まると予測されている。また、体の不調を感じたとき、患者はどの診療科を受診すべきか判断できないことも多く、最初の窓口としてその任にあたる開業医や病院の総合診療科にいる総合診療医の重要性がますます高まっている。さらに、地域で生活している患者を診るときは、その家族構成や仕事の内容および心身の健康を総合的に見据えたうえで診療にあたらなければならないという事情がある。
 そこで、こうした医療ニーズにこたえるため、厚生労働省の「専門医の在(あ)り方に関する検討会」が提示した報告書に沿って、内科や外科など基本領域専門医のなかに「総合診療医」が加えられることになった。2012年(平成24)に同検討会がまとめた総合診療医の定義では、「頻度の高い疾病(しっぺい)と障害、それらの予防、保健と福祉など、健康にかかわる幅広い問題について、わが国の医療体制の中で、適切な初期対応と必要に応じた継続医療を全人的に提供できる医師」とされている。また、新たな専門医制度をつくる目的で日本専門医機構が発足したことを契機に、専門資格として「総合診療専門医」が位置づけられることになった。日本専門医機構専属の委員会において研修プログラムの詳細な検討が重ねられ、2017年度から研修がスタートする。
 これまで、特定疾病治療に対する社会のニーズにこたえるために医療の高度専門分化が急速に進んだが、一方で一人の患者を総合的に診て診療にあたるジェネラリストの必要性が長い間訴えられてきた。そこで1980年代後半から、厚生労働省や日本医師会などが協同して、地域を支える基本領域の幅広い専門知識をもつ医師を養成すべく検討を重ねてきた経緯がある。呼称としては、日本医師会が提案する「かかりつけ医」や、日本プライマリ・ケア連合学会の認定する「家庭医療専門医」「プライマリ・ケア認定医」などが使われている。そのほかにも、「家庭医」「総合医」「病院総合医」などがあるが、これらについては「かかりつけ医」も含め包括して「総合診療医」とよぶことにすると、日本専門医機構の委員会において大筋の合意をみた。
 総合診療専門医の養成を推進するために、日本専門医機構に属する「総合診療専門医に関する委員会」では、医学部卒業後に臨床研修2年間に続き専門医研修を3年間経験するという総合診療専門医の研修プログラムを決めた。具体的には、内科(6か月以上)、小児科(3か月以上)、救急領域(3か月以上)を必修として、合計12か月以上、病院、診療所、総合内科で総合診療に関する専門研修を1年半、さらに外科、産婦人科、整形外科、精神科などの研修を6か月経験し、研修修了後の試験に合格しなくてはならない。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

総合診療医の関連情報