かすみがうら市(読み)かすみがうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かすみがうら〔市〕
かすみがうら

茨城県中南部,常陸台地南東にある市。南東部は霞ヶ浦に面する。 2005年霞ヶ浦町と千代田町が合体して市制。霞ヶ浦地域は米作内水面漁業が中心で,湖岸レンコンの産地。長禅寺などの古刹が多い。国の重要文化財に椎名家住宅がある。千代田地域は古くからナシ,クリの栽培が行なわれ,観光農園が多い。中西部に工業団地,住宅団地が造成され,都市化が進んでいる。国道6号線,354号線が通り,北西部に常磐自動車道インターチェンジがある。面積 156.6km2。人口 4万2147(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かすみがうら市の関連情報