千代田町(読み)ちよだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千代田〔町〕
ちよだ

群馬県南東部,利根川の左岸にある町。 1955年永楽,富永長柄の3村が合体して千代田村となり,82年町制。中心集落の赤岩は,江戸時代利根川十六渡津の1つとしてにぎわい,現在も名残りの渡し船がある。米作,植木栽培が行われる。宝林寺梵鐘は有名。面積 21.73km2。人口 1万1318(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千代田町の関連情報