コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥追お松 とりおい おまつ

3件 の用語解説(鳥追お松の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥追お松 とりおい-おまつ

久保田彦作(ひこさく)の小説「鳥追阿松(おまつ)海上新話」の主人公
原作は明治10年「かなよみ」(「仮名読新聞」の改題)に「鳥追お松の伝」の題で連載され,11年合巻形式で刊行された。美貌(びぼう)の新内流しで,男たちを翻弄(ほんろう)して悪事をかさね,ついに狂死する毒婦としてえがかれている。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥追お松

明治初期の実録風の小説『鳥追阿松海上新話』のヒロイン。作者は久保田彦作で,明治10~11(1877~78)年に『かなよみ』(『仮名読新聞』の改題)に「鳥追お松の伝」の題で連載され,評判になり,11年には歌舞伎芝居に脚色され,『廿四時改正新話』として上演された。お松は江戸木挽町采女が原に住む定五郎の娘で,美人の評判高く,武家屋敷などを新内を流して歩き,若者たちの憧れの的であったが,典型的な毒婦で,慕い寄る呉服屋の手代忠蔵,元徴兵隊の浜田正司,遊び人大坂吉らを手玉に取って金を絞り取るモデルとなったお松は谷中の人で,評判の美人であったというが,その実在性については未詳である。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とりおいおまつ【鳥追お松】

明治初期毒婦小説の代表的ヒロイン。お松が実在の人物かどうかは未詳だが,1877‐78年久保田彦作の《鳥追阿松海上新話》《仮名読新聞》に連載された当時は,〈小屋粂三(くめさ)〉といわれて評判高く,実在性が信じられていた。慶応末年に22,23歳の鳥追女が江戸の武家邸長屋窓などを新内節で流し,若者の血をおどらせた。鳥追女は名をお松といい,慕い寄る男を翻弄し,金を絞って捨てる妖婦。徴兵隊の浜田正司,呉服屋の手代忠蔵,遊び人大阪吉らがそのいけにえとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone