ぐれる

  • ぐ・れる

大辞林 第三版の解説

下一
ぐれの動詞化
少年や青年が、生活態度が乱れ、反社会的・反抗的な行動をするようになる。不良になる。 高校に入ってから急に-・れ出した
見込みがはずれる。 但しは目算が-・れたのか/浄瑠璃・契情小倉の色紙

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ下一〙 (「ぐれ」の動詞化したもの)
① 予期した事が食い違う。見込みがはずれる。齟齬(そご)する。
※人情本・氷縁奇遇都の花(1831)下「肝要の玉をもしもとりとめずば、添足と相議(だんがう)せし趣向がぐれて」
② 常軌を逸する。調子がはずれる。ずれたり曲がったりする。
※土(1910)〈長塚節〉一四「おとっつぁは酩酊(よっぱら)ったってそんなに顛倒(グレ)なけりゃよかっぺなあと独り呟いた」
③ 生活態度が地道でなくなる。不良化する。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)三「イヤ全体かたいお方でございましたが、どうして又ぐれさしったか」
④ 逃げる。途中でいなくなる。
※つゆのあとさき(1931)〈永井荷風〉二「春さん。昨夜はグレたんぢゃないの。後で何かおごってよ」
⑤ ばれる。悪事が発覚する。てきや・盗人仲間の隠語。
※落語・猫と鼠(1899)〈六代目桂文治〉「此方の面(つら)がぐれて居(を)るから茶屋へ呼びあげて口説(くどく)事にもならず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐれるの関連情報