コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぐれ グレ

デジタル大辞泉の解説

ぐれ

メジナ別名

ぐれ

《「ぐりはま」の転「ぐれはま」の略》
まともな道から外れること。特に、盗みなどの悪事を働くこと。また、その者。
「その辺一帯を『何々』組の何々というような―が横行していた」〈多喜二・党生活者〉
物事がくいちがうこと。
「寸分違はぬ贋物を跡へ入れ置いたによって、今日まで―がこぬ」〈伎・幼稚子敵討〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐれ

メジナの異名。

ぐれ

〔「ぐれはま」の略〕
物事のくいちがうこと。合わないこと。 「 -の来ぬ内さあござんせと/浄瑠璃・新版歌祭文」
まともな道からはずれること。また、その者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぐれの関連キーワードうんてんばんてんジョージ秋山身を投げる新版歌祭文混血児リカ金児禎三夕間暮れ有る限り中島哀浪やさぐれ林杢兵衛中の十日手返る半ぐれぐれる虐げる雲之介遠歩き勧農鳥縄三寸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐれの関連情報