コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さばに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さばに

平底で細長い船型をもつ琉球地方独特の軽快な小船。本来は完全な丸木船であったが,今日では大木が入手できないため,普通3枚の板をはぎ合せて側板を造っている。平底の小船ながら,かなりの沖合いまで漕ぎ出して漁をしていたが,近年は船外機をつけるようになって,その行動範囲をさらに広くしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さばに

鹿児島県の吐噶喇(とから)列島から南,南西諸島の各地で使われていた刳(くり)舟。奄美大島ではウバ,徳之島ではイグリブネともいっていた。大きさは多様であるが,通常は長さ4.5mくらいのもので,古くは松材で造り,近代に入ってからは主として杉材で造っていたが,しだいに板舟に変わり,現在完全な刳舟は博物館でしか見られない。しかしその形はいまもイタツケとかアイノコと呼ばれる新造船に踏襲されている。漕具は櫂(かい)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さばに

沖縄地方で漁業に使用される伝統的な小船。古くは丸木船だったが、今日では板をはぎ合わせて造る。櫂かいおよび帆を用い、近年は船外機も使用する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

さばにの関連キーワード当たる・当る・中る〆さば ヒカル糸満[市]アミメアリさばにゃん締め鯖羽二重

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さばにの関連情報