コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さばに さばに

3件 の用語解説(さばにの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さばに
さばに

平底で細長い船型をもつ琉球地方独特の軽快な小船。本来は完全な丸木船であったが,今日では大木が入手できないため,普通3枚の板をはぎ合せて側板を造っている。平底の小船ながら,かなりの沖合いまで漕ぎ出して漁をしていたが,近年は船外機をつけるようになって,その行動範囲をさらに広くしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さばに

鹿児島県の吐噶喇(とから)列島から南,南西諸島の各地で使われていた刳(くり)舟。奄美大島ではウバ,徳之島ではイグリブネともいっていた。大きさは多様であるが,通常は長さ4.5mくらいのもので,古くは松材で造り,近代に入ってからは主として杉材で造っていたが,しだいに板舟に変わり,現在完全な刳舟は博物館でしか見られない。しかしその形はいまもイタツケとかアイノコ呼ばれる新造船に踏襲されている。漕具は櫂(かい)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さばに

沖縄地方で漁業に使用される伝統的な小船。古くは丸木船だったが、今日では板をはぎ合わせて造る。櫂かいおよび帆を用い、近年は船外機も使用する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さばにの関連キーワード口之島口之三島諏訪之瀬島宝島吐噶喇列島吐噶喇馬田いも鹿児島県十島村鹿児島県鹿児島郡吐か喇列島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さばにの関連情報