しぶり腹(テネスムス/裏急後重)(読み)しぶりばらてねすむすりきゅうこうじゅう

家庭医学館の解説

しぶりばらてねすむすりきゅうこうじゅう【しぶり腹(テネスムス/裏急後重)】

 便意(べんい)をもよおすのに排便(はいべん)がない、または便意はあっても少量しか出ないのに頻回(ひんかい)に便意をもよおす状態を、しぶり腹といいます。しぶり腹と同意語として、テネスムス(ラテン語に由来)、裏急後重(りきゅうこうじゅう)ということばもうかがわれます。
 しぶり腹がなぜおこるのかを説明する前に、正常の排便のしくみについて解説します。
 大腸(だいちょう)は小腸(しょうちょう)に続く腸管で、盲腸(もうちょう)→上行結腸(じょうこうけっちょう)→横行(おうこう)結腸→下行(かこう)結腸→S状結腸→直腸(ちょくちょう)に分かれています。大腸のおもな機能は、水分・電解質(でんかいしつ)の吸収と排便にあります。水分の吸収は上行結腸、横行結腸で多くがなされ、その結果、下行結腸、S状結腸ではかたまりとしての便が形成されていきます。
 ほどよくかたくなった便塊(べんかい)がS状結腸下部から直腸に進入すると、腸の内圧が高くなり、それと同時に排便反射(はいべんはんしゃ)が生じ、便意をもよおして排便となるわけです。
 したがって、排便反射は直腸の刺激により制御(せいぎょ)されているといえます。
 しぶり腹とは便塊の刺激によらない直腸‐排便反射が生じることであり、そのため便が出ないのに便意をもよおすのです。
 しぶり腹がおこる原因としては、直腸の炎症が考えられます。直腸に炎症をおこす病気はいろいろありますが、赤痢(せきり)、潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)などが代表です。
 一般の大腸炎でもしぶり腹となることもありますが、長引くときは精密検査が必要となります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android