コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しょうど ショウド

デジタル大辞泉の解説

しょうど

《「せんど(先途)」の変化した語か。その場合、歴史的仮名遣いは「せうど」》目的とする所。目当て。
「常闇(とこやみ)に何の―は見えねども」〈浄・大経師
正体。とらえ所。
「どうせ味噌べったり焼き生姜(しゃうが)といふ男だから、―はなしさ」〈滑・膝栗毛・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうど

行きつくべき先。目的の所。目当て。あてど。 「人の-を失はん事を顧みず、他の難非を顕はす、此等也/太平記 24」 「何の-は見えねども/浄瑠璃・大経師 」 〔語源ならびに歴史的仮名遣いは未詳。「先途せんど」の転で「せうど」、「生処しやうじよ」の転で「しやうど」などの説がある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しょうどの関連キーワード香川県小豆郡小豆島町香川県小豆郡土庄町瀬戸内海国立公園四国八十八か所高橋文右衛門たらいうどんレンギョウ内海〈町〉土庄[町]池田[町]池田〈町〉松浦亀太郎香川[県]土庄(町)内海[町]オリーブ袖もぎ様仮名遣い小西行長星ヶ城山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しょうどの関連情報