コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先途 センド

デジタル大辞泉の解説

せん‐ど【先途】

(多く「ここを先途と」の形で)勝敗・運命などの大事な分かれ目。せとぎわ。「ここを先途と奮いたつ」
これから進む先。行き先。前途。
「―いづくを期せず」〈平家・一二〉
行き着くところ。また、人の死。
「名利(みゃうり)に溺(おぼ)れて―の近き事をかへり見ねばなり」〈徒然・七四〉
家柄によって定まる最高の官職。
「仏神の祈りて、摂籙(せつろく)の―には必ず達すべき告ありて」〈愚管抄・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんど【先途】

勝敗や運命を決する大事な分かれ目。せとぎわ。多く「ここを先途と」の形で用いる。 「ここを-と戦う」
行くさき。進みゆくさき。前途。 「 -いづくを期せず、後会其期をしらず/平家 12
行きつくさき。最後。 「しばらく生きて、宮の御-を見果て参らせよ/太平記 7
家柄によって定まっていた官職の上限。 「執柄の息・英才の輩も此の職を-とす/平治 上・古活字本
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

先途の関連キーワード此処・此所・是・爰・茲攻め懸ける・攻懸ける此処を先途としょうど持明院家中御門家葉室家松例祭清華家四条家新家執柄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android