先途(読み)センド

デジタル大辞泉の解説

せん‐ど【先途】

(多く「ここを先途と」の形で)勝敗・運命などの大事な分かれ目。せとぎわ。「ここを先途と奮いたつ」
これから進む先。行き先。前途。
「―いづくを期せず」〈平家・一二〉
行き着くところ。また、人の死。
「名利(みゃうり)に溺(おぼ)れて―の近き事をかへり見ねばなり」〈徒然・七四〉
家柄によって定まる最高の官職。
「仏神の祈りて、摂籙(せつろく)の―には必ず達すべき告ありて」〈愚管抄・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんど【先途】

勝敗や運命を決する大事な分かれ目。せとぎわ。多く「ここを先途と」の形で用いる。 「ここを-と戦う」
行くさき。進みゆくさき。前途。 「 -いづくを期せず、後会其期をしらず/平家 12
行きつくさき。最後。 「しばらく生きて、宮の御-を見果て参らせよ/太平記 7
家柄によって定まっていた官職の上限。 「執柄の息・英才の輩も此の職を-とす/平治 上・古活字本
[句項目] 先途を遂ぐ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android