コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しんとく丸 シントクマル

百科事典マイペディアの解説

しんとく丸【しんとくまる】

説経節の代表作の一つ。現存する最も古い刊本は佐渡七太夫正本で,1648年刊。河内国高安郡信吉長者の一子しんとく丸は継母の呪いによって癩(らい)となり,捨てられて乞食となるが,追ってきたいいなずけ乙姫と再会し,清水観音(清水寺)の利生によって元の身を取り戻すというのがその内容である。改作としてのちに有名な《摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)》が出た。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

しんとく丸の関連キーワード身毒丸五説経信徳丸俊徳丸

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android