じくじく(読み)ジクジク

デジタル大辞泉の解説

じく‐じく

[副](スル)水分を多く含み湿っているさま。水がにじみ出ているさま。「年じゅうじくじく(と)している土地」「傷口がじくじく(と)して治らない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じくじく

( 副 ) スル
水分を多く含んでいて、それが少しずつにじみ出るさま。 「けがが治らずにきず口が-している」 「流元なんざ湿地で、いつでも-して、心持が悪いつちやあない/化銀杏 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じく‐じく

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 水分を多く含んでいるさま、たえず水がにじみ出るさま、湿っているさまなどを表わす語。
俳諧・新撰犬筑波集(1532頃)雑「つくたびごとにしるはじくじく 山でらのかねのしもくはなま木にて」
※母を恋ふる記(1919)〈谷崎潤一郎〉「魚を焼くらしいぢくぢくと脂の焦げる旨さうな匂ひがした」
② 興奮して身体などを動かすさまや、うごめいているさまなどを表わす語。
※俳諧・誹諧独吟集(1666)上「人形をあやつるも何舞灯籠 いさむや筆のぢくぢくをどり」
③ 少しずつ物事が進んでゆくさまを表わす語。じわじわ。
※落語・ちきり伊勢屋(1893‐94)〈禽語楼小さん〉「残暑でジクジクやられますのが一番苦しい様に思はれます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じくじくの関連情報