ずんだ餅(読み)ズンダモチ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ずんだ餅
ずんだもち

枝豆をゆでて皮をむき、すりつぶしたものを「ずんだ」という。じんだ餅とも。宮城県を中心に東北地方一帯では、和(あ)え物や餅にずんだをよく使う。宮城県周辺では夏から初秋にかけて良質の枝豆がとれる。この枝豆をつぶしてずんだをつくり、甘く味つけして餡(あん)にする。搗(つ)きたての餅を小さくちぎり、ずんだ餡をまぶしたのがずんだ餅である。くるみ餅、ごま餅などとあわせて三色餅として用いることが多い。仙台や塩竈(しおがま)には、枝豆の季節になると、ずんだ餅を食べさせる店もあるが、一般には客をもてなすときなどに家庭でつくられる。[堤 方子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

ずんだ餅[菓子]
ずんだもち

東北地方、宮城県の地域ブランド。
宮城県を代表する餅菓子。枝豆をすりつぶした餡を餅にからめる。ずんだの由来は諸説あるが、豆を打ってつくるため、豆打(ずだ)が訛ったという説が有力。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずんだ餅の関連情報