ぞろり(読み)ゾロリ

デジタル大辞泉の解説

ぞろり

[副]
多くのものが一続きにつながっているさま。「各界の名士がぞろりと居並ぶ」
だらしない感じに和服を着くずしているさま。また、場違いにはでな衣装を着ているさま。
「棒縞の綿入半纏(わたいればんてん)を―と羽織(はお)って」〈鏡花・註文帳〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞろり

( 副 )
多くのものがひとつながりまたは、ひとかたまりになっているさま。 「つるをひっぱると、さつま芋が-と出てきた」
着物を、長めにしどけなく、あるいは着流しに粋いきな風に着ているさま。 「粋な天神にお召の書生羽織を-と着て/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞろり

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 多くのものが一つながりになっているさまを表わす語。ぞろっと
※雲形本狂言・朝比奈(室町末‐近世初)「後生を願(ねがひ)彌陀の浄土へはぞろり、〈略〉釈迦の浄土へはぞろり」
② 衣服をひきずるように、だらしない感じに着流しているさまを表わす語。また、玄人(くろうと)の女のような、あるいは、通(つう)ぶった、くずれた感じに、派手な衣服で着飾っているさまを表わす語。ぞろっと。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「おめしちりめんの二まいぞろいぞろりとしたこしらへゆゑ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぞろりの関連情報