コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たくる たくる

大辞林 第三版の解説

たくる

( 動五[四] )
(着物のすそなどを)はしの方から裏返すようにして引きあげる。皮をむく。 「ズボンのすそを-・る」 「ひげをむしられ、皮を-・られ/狂言・野老 天正本
むりやり奪い取る。ひったくる。 「御堪忍とすがり付き、箒を-・れば/浄瑠璃・堀川波鼓
動詞の連用形の下に付いて、荒々しく…する、盛んに…するの意を表す。 「塗り-・る」
[可能] たくれる
( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

たくるの関連キーワード掻き手繰る・搔き手繰るボタン(服飾付属品)切り口上・切口上くるみ割り人形アンクレットナットオイル蛸・章魚・鮹ふんだくる加藤 泰安ぼっ手繰り引っ手繰る舌出三番叟ぼったくる掻きたくる打っ手繰りぼっ手繰る塗りこくる舌出し三番打っ手繰る今出川豆腐

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たくるの関連情報