コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てこそ テコソ

デジタル大辞泉の解説

て‐こそ

[連語]《接続助詞「て」+係助詞「こそ」》
文中に用いて「て」の受ける部分を強調する。文語文では「こそ」のかかっていく述語を已然形で結ぶ。「義務を遂行してこそ、権利を主張できる」「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」
「げにあぢきなき世に、心のゆくわざをし―、過ぐし侍りなまほしけれ」〈・少女〉
文末に用いて、打消しの意を表す。…はずがない。中世から近世にかけての用法。
「めざすも知らぬ松陰に、何やら暗うて見え―」〈浄・今宮の心中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てこそ

( 連語 )
〔接続助詞「て」に係助詞「こそ」の付いたもの〕
文中にあって、「て」で受ける部分を強調して表す。文語文(古文)では、「こそ」のかかっていく述語を已然形で結ぶ。 「全員参加し-、初めて意義があるのだ」 「あらを田をあらすきかへしかへしても人の心を見-やまめ/古今 恋五
文末にあって、打ち消しの意を表す。中世から近世へかけての用法。…するはずがない。 「これを聞ては、こらへられ-/中華若木詩抄」 「目さすも知らぬ松蔭に何やら暗うて見え-/浄瑠璃・今宮心中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てこその関連キーワード身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれスーパーウーマンシンドローム此の親にして此の子あり死んで花実が咲くものかファッション産業艱難汝を玉にす後生は徳の余り中華若木詩抄子の日の松長き世の闇守護国家論念じ過ぐす臥し起き水籠もる根白高萱参差錯落森幸太郎接続助詞嘆きの色差し呉る

てこその関連情報