てや(読み)テヤ

デジタル大辞泉の解説

て‐や

[連語]
《接続助詞「て」+間投助詞「や」。近世語》他に対する願望を表す。…ておくれ。…てよ。
「駕籠(かご)の衆早う連れまし―」〈浄・博多小女郎
《終助詞「て」+間投助詞「や」。近世語》軽く念を押す意を表す。…よ。…ね。
「このやうなことで普請がなけりゃ、こちとが中間(なかま)も立たぬ―」〈浄・兜軍記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てや

( 連語 )
〔接続助詞「て」に係助詞「や」が付いたもの〕 疑問または反語の意を表す。…て…ようか。 「今はとてきみがかれなば我がやどの花をばひとりみ-しのばむ/古今 恋五
〔接続助詞「て」に間投助詞「や」が付いたもの。近世語〕 依頼の気持ちを表す。…してください。 「駕籠かごの衆早う連れまし-/浄瑠璃・博多小女郎
〔終助詞「て」に間投助詞「や」の付いたもの。近世中期以降の語〕 親しみの気持ちをこめて軽い感動の意を表す。 「そりやさうありさうなものぢや-/歌舞伎・三十石」 「おお-。あのこの縞でや/浄瑠璃・忠臣蔵」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てやの関連情報