コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てや テヤ

デジタル大辞泉の解説

て‐や

[連語]
《接続助詞「て」+間投助詞「や」。近世語》他に対する願望を表す。…ておくれ。…てよ。
「駕籠(かご)の衆早う連れまし―」〈浄・博多小女郎
《終助詞「て」+間投助詞「や」。近世語》軽く念を押す意を表す。…よ。…ね。
「このやうなことで普請がなけりゃ、こちとが中間(なかま)も立たぬ―」〈浄・兜軍記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てや

( 連語 )
〔接続助詞「て」に係助詞「や」が付いたもの〕 疑問または反語の意を表す。…て…ようか。 「今はとてきみがかれなば我がやどの花をばひとりみ-しのばむ/古今 恋五
〔接続助詞「て」に間投助詞「や」が付いたもの。近世語〕 依頼の気持ちを表す。…してください。 「駕籠かごの衆早う連れまし-/浄瑠璃・博多小女郎
〔終助詞「て」に間投助詞「や」の付いたもの。近世中期以降の語〕 親しみの気持ちをこめて軽い感動の意を表す。 「そりやさうありさうなものぢや-/歌舞伎・三十石」 「おお-。あのこの縞でや/浄瑠璃・忠臣蔵」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てやの関連キーワード振り付ける・振付ける雲となり雨となる与那城[町]思ひ過ぐす千代を籠むべらんめえ然りとては御強に掛くてやんでえ武隈の松物慎まし朧の清水左右無し振付ける接続助詞犬じもの磐余の池降り残す押し靡む斯かれど

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てやの関連情報