てんぐ巣病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

てんぐ巣病(アカクローバ)

株を萎縮させるファイトプラズマ病。アカクローバで発生が多い。病徴は、株の中央部から小型の葉が多数発生するようになり、これらの葉は赤褐色になり、あるいは色あせていく。株は次第に叢生状態となり、枯れていく。病原体はヨコバイ類により伝播される。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android