コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てんぐ巣病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

てんぐ巣病(アカクローバ)

株を萎縮させるファイトプラズマ病。アカクローバで発生が多い。病徴は、の中央部から小型のが多数発生するようになり、これらの葉は赤褐色になり、あるいは色あせていく。株は次第に叢生状態となり、枯れていく。病原体はヨコバイ類により伝播される。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

てんぐ巣病(アカクローバ)の関連キーワードマイコプラズマ様微生物サイトカイニンタフリナキンてんぐ巣病白井光太郎菌こぶさび病サクラマツ樹病

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android