コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

でんぶ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

でんぶ
でんぶ / 田麩

魚肉の身を細かくほぐし、砂糖、みりん、しょうゆなどで水分のなくなるまで煎(い)りつけたもの。魚は、タイ、タラ、カツオ、カレイ、エビなどが用いられる。魚は蒸すか、ゆでたあと、皮や骨、血合を除き、身をほぐす。これをふきんに包み、水の中で洗うようにしてさらし、脂肪を除く。水けをよく絞り、鍋(なべ)にあけ、砂糖、みりん、しょうゆなどの調味料を加え、箸(はし)4、5本でかき混ぜ、水分がなくなるまで煎り上げる。魚は生魚のほか、塩だら、塩ざけなどでもつくることができる。塩魚の場合は、あらかじめ水につけて、塩抜きして用いる。
 おぼろは、魚をゆでて身だけをすり鉢でよくすり、みりん、砂糖、塩などで調味して煎り上げ、ふわっとした状態に仕上げたものである。食紅で薄く色をつけることもある。でんぶもおぼろも、そのままご飯にふりかけたり、彩りとして料理の飾りに用いられる。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

でんぶの関連キーワードシッティングバレーボールウォーターバック仙骨神経刺激装置ブラックバックスタインボックグラントガゼルドリル(動物)線状皮膚萎縮症しり(尻∥臀)鱈田麩・鱈田麸でんぶ(田麩)単純性紫斑病ボンテボックミュールジカ田舞・田儛コードバン伝染性紅斑伊達巻き鮨梅が枝田麩おれんぶ

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

でんぶの関連情報