コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀新内 ツルガシンナイ

世界大百科事典 第2版の解説

つるがしんない【鶴賀新内】

新内節の太夫,作曲家。(1)初世(1714‐74∥正徳4‐安永3) 湯方御家人,本名岡田五郎次郎。初名新内。1758年(宝暦8)鶴賀加賀八太夫と改名。この人の存命中には新内節の名称はなかったので,新内の代数に数えないこともある。(2)2世(?‐1810(文化7)) 盲人。初世鶴賀若狭掾(わかさのじよう)の高弟鶴賀斎の弟。鶴賀若歳をへて2世新内を襲名。俗に〈若歳新内(わかとししんない)〉という。鼻にかかった特異な〈ふし落し〉が好評を博し,1777年(安永6)ごろから,それまでの富士松,鶴賀などの節を〈新内節〉というようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴賀新内
つるがしんない

新内節鶴賀派の芸系で、俗に若歳(わかとし)新内といわれる2世に始まるとみなす説がある。今日まで数代を数えるが3世までが著名。[林喜代弘]

初世

(1714―74)本名岡田五郎次郎。湯方御家人(ごけにん)で、初世若狭掾(わかさのじょう)の弟子。初名新内。1758年(宝暦8)加賀八太夫と改名。この人の時代にはまだ「新内節」の名称はない。[林喜代弘]

2世

(?―1810)初世若狭掾の高弟鶴賀斎の弟で盲人。初名加賀歳(かがとし)。若歳を経て2世新内となる。鼻へ声を抜く独得の節落しが世上でもっぱらの評判となり、1777年(安永6)ごろから鶴賀、富士松、豊島などの系統の浄瑠璃(じょうるり)を総括して新内節と呼称するようになった。[林喜代弘]

3世

生没年未詳。2世の門人で盲人。2世加賀歳から1814年(文化11)ごろ3世を襲名したと思われる。文政(ぶんせい)年間(1818~30)にかけて芝居の舞踊の地方(じかた)として出演し、新生面の開拓に努めた。のち豊名賀薗太夫(とよなかそのたゆう)、鶴賀出雲掾(いずものじょう)、津留賀文弥(つるがぶんや)としばしば改名しているが、27年(文政10)以後の消息は不明である。[林喜代弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鶴賀新内の言及

【新内節】より

…安永(1772‐81)の末ごろに生まれた江戸浄瑠璃。豊後節(ぶんごぶし)の一派で,鶴賀若歳(つるがわかとし)改め2世鶴賀新内の残した名称。それ以前の同系統の富士松,鶴賀,豊島らの節も含み,また後年富士松魯中(ろちゆう)の称した富士松浄瑠璃も,現在では新内節に含めている。…

※「鶴賀新内」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴賀新内の関連キーワード鶴賀若狭太夫(初代)鶴賀 鶴吉(5代目)鶴賀 新内(7代目)鶴賀若狭太夫(2代)富士松薩摩掾(1世)鶴賀 新内(6代目)鶴賀若狭掾(2代)鶴賀若狭掾(2世)鶴賀若狭掾(1世)鶴賀新内(5代)鶴賀新内(6代)鶴賀新内(7代)鶴賀新内(4世)鶴賀鶴吉(3代)鶴賀鶴吉(5代)鶴賀鶴吉(4代)鶴賀 若狭掾鶴賀祖元六玉川とよ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android