コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばら星雲 ばらせいうん

3件 の用語解説(ばら星雲の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ばら星雲【ばらせいうん】

いっかくじゅう座にある散光星雲。NGC2237,2238,2244,2246。カラー写真に撮影すると真紅のバラの花のように見える。距離3600光年。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ばらせいうん【ばら星雲 Rosette nebula】

NGC2237,2238,2244,2246。冬空のいっかくじゅう座にある散光星雲。直径が1度にも広がっており,カラー写真を撮ると真っ赤に輝くバラの花のような星雲が見られる。1枚1枚の花びらに,朝日の中のしずくのように青白い星々が輝いている。これらの星はNGC2244と呼ばれる散開星団である。距離は3600光年で,60光年もの広がりをもっている。中央部の20光年くらいのところでは星雲光はなく,ぽっかりと穴があいたようになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ばら星雲
ばらせいうん
Rosette Nebula

「いっかくじゅう座」にある美しい発光星雲。赤いばらの花に似ていることからこの名前がついた。星雲全体ではなく、その一部に、NGC2237、2238、2239、2246の名前がついている。見かけの大きさは約60分角で、満月の2倍ほどある。地球からの距離は約4600光年で実際の大きさは約100光年である。ばらの花の花心にあたる中心部に若い散開星団NGC2244の星々が見える。この星団の高温度星からの紫外線星間ガスを電離している。赤く見えるのは水素原子の出すHα(アルファ)線が強いからである。中心部の空洞は、高温度星からの強い星風でガスが吹き飛ばされたためと考えられる。[岡村定矩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばら星雲の関連キーワード広瀬久忠天慶議院法小野村小原英一古市二郎堀直喜松平康圭モーツァルト:ピアノ協奏曲 第22番 変ホ長調/piano and orchestra(concerto)ノット22メートル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone