ほっかり(読み)ホッカリ

デジタル大辞泉の解説

[副]
心地よい暖かみのあるさま。「ほっかり(と)暖かい焼きいも」
ほんのり明るいさま。ぽっかり。「ほっかり(と)明かりがともる」
突然であるさま。不意に現れるさま。ぽっかり。
「記憶の底から―と浮んで来た」〈花袋・一兵卒の銃殺
うかつであるさま。うっかり。
「御遊興の最中なれば―とも行かれず」〈浄・浪花鑑
口や穴が大きくあいているさま。また、口を大きくあけて食いつくさま。
「いとしらしいお顔や。―と食ひ付きたい」〈浄・孕常盤

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 口や穴が大きくあいているさま、また、口を大きくあけてかぶりつくさまを表わす語。ぼっかり。ぽっかり。
※虎明本狂言・丼礑(室町末‐近世初)「おとがひにあかがりが、ほっかりほっかりと、きれたりけり」
※浄瑠璃・孕常盤(1710頃)四「ほっかりと食ひ附きたい」
② うかつであったり、唐突であったりして、ある事態に至るさまを表わす語。うっかり。不用意に。ぼっかり。ぽっかり。
※浄瑠璃・百日曾我(1700頃)傾城請状「誠しやかにささやけば、海野ほっかりとたらされ」
③ 事態が急に変わるさま、ある範囲全体が変貌するさまを表わす語。すっかり。ぽっかり。
※雑俳・ちへ袋(1796)「めしくひのほっかりふへる庄やの宿」
④ 暖かさを感じるさま、息や湯気が暖かくかかるさまを表わす語。ぽっかり。
※浮世草子・好色美人角力(1696頃)一「ほっかりとしてあたたかく」
⑤ 柔らかい日ざしや弱い光が、ほのかにさすさまを表わす語。
※歌舞伎・彩入御伽草(1808)皿屋敷の場「行燈にほっかりと灯(あかり)ともる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android