ほつく

大辞林 第三版の解説

ほつく

( 動四 )
うろつく。ほっつく。 「根津音羽はいふに及ばず…蘿蔔圃だいこばたけ(=岡場所ノ名)まで-・いたれど/浄瑠璃・神霊矢口渡」
金を浪費する。 「親仁が金を-・く故/浮世草子・親仁形気」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほつ・く

[動カ四]
あちこち歩き回る。うろつく。ほっつく。
「泣きっ面をして―・きゃあがるから」〈洒・駅舎三友〉
金銭を浪費する。使い果たす。
「親父が金を―・くゆゑ」〈浮・親仁形気・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほつ・く

[1] 〘自カ四〙 うろつく。あちらこちら、うろつき回る。遊び歩く。ほっつく
※浄瑠璃・心中重井筒(1707)上「あのやうにほついてはやんがて身代は木賊色でおろすやうに成ってのけふと笑ひける」
[2] 〘他カ四〙 金銭をつぎ込む。使い果たす。費消する。
浮世草子・浮世親仁形気(1720)三「親仁が金をほつく故」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android