コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木賊色 とくさいろ

色名がわかる辞典の解説

とくさいろ【木賊色】

色名の一つ。トクサ科トクサの茎のような濃い色のこと。トクサは多年生の常緑シダ植物で観賞用に植えられた。茎に節ができて竹に似るが大きさは竹より小さい。鎌倉以前からある伝統色名。江戸時代に流行したとされる。茎は硬く、秋に刈り取って乾燥させると刃物を研ぐこともできたため「砥草」とも書く。このことから「木賊刈る」は秋の季語となっている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とくさ‐いろ【木賊色】

染め色の名。黒みを帯びた緑色。
襲(かさね)の色目の名。表は黒ずんだ青、または萌葱(もえぎ)、裏は白。老人が着用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とくさいろ【木賊色】

染め色の名。青黒い萌黄色。陰萌黄。
かさねの色目の名。表は黒みがかった青か萌黄。裏は白。老人が用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

木賊色の関連キーワード多年生黒み萌葱木賊色目砥草

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android