木賊色(読み)とくさいろ

精選版 日本国語大辞典「木賊色」の解説

とくさ‐いろ【木賊色】

〘名〙
① 染色の名。緑に黒みをおびた色。とくさ。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一四「小羊(ラム)の皮を柔らかに鞣(なめ)して、木賊色(トクサイロ)の濃き真中に、水蓮を細く金に描いて」
② 襲(かさね)の色目。表は黒みがかった、裏は白。老人の着用するもの。とくさ。
※義経記(室町中か)六「左衛門尉は、紺葛の袴に、とくさいろの水干に、立烏帽子」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

色名がわかる辞典「木賊色」の解説

とくさいろ【木賊色】

色名の一つ。トクサトクサのような濃い色のこと。トクサは多年生の常緑シダ植物で観賞用に植えられた。茎に節ができて竹に似るが大きさは竹より小さい。鎌倉以前からある伝統色名。江戸時代に流行したとされる。茎は硬く、秋に刈り取って乾燥させると刃物を研ぐこともできたため「砥草」とも書く。このことから「木賊刈る」は秋の季語となっている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「木賊色」の解説

とくさ‐いろ【木賊色】

染め色の名。黒みを帯びた緑色
かさねの色目の名。表は黒ずんだ青、または萌葱もえぎ、裏は白。老人が着用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android