コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ません マセン

デジタル大辞泉の解説

ませ◦ん

[連語]
《丁寧の助動詞「ます」の未然形+打消しの助動詞「ぬ(ん)」》丁寧な打消しの表現。「雨はまだ降っており―◦ん」
[補説]現代語では、「ませんでした」が「ません」の過去の意を表すが、近世江戸語では「ましなんだ」「ませなんだ」の形もあり、また、後には「ませんかった」「ませんだった」の形もみられる。
《丁寧の助動詞「ます」の未然形+推量の助動詞「む」の音変化「ん」。近世語》連語「ましょう」に同じ。
「山の井といふ女郎、私かけてあげ―◦んと、杉柄杓とりて」〈浮・色三味線・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ません

( 連語 )
〔丁寧の助動詞「ます」の未然形「ませ」に推量の助動詞「む」の転である「ん」の付いたもの。近世語〕
「ましょう(連語)」に同じ。 「私かけてあげ-・んと、杉柄杓とりて/浮世草子・色三味線」 → ましょう(連語)

ません

( 連語 )
〔丁寧の助動詞「ます」の未然形「ませ」に打ち消しの助動詞「ん」の付いたもの〕
丁寧な打ち消しの意を表す。 「私は行き-・ん」 「半日ストで、午前中はバスの運行があり-・ん」 「ずっと雨が降り-・んので、ダムの水位もだいぶ低くなっています」 〔 (1) 「ません」は、終止形・連体形の用法しかない。 (2) 「ません」の過去表現として「ませんでした」が用いられる。 (3) 丁寧の助動詞「です」を重ねた「ませんです」の形が用いられることがある。「ません」よりさらに丁寧の度合が高いものとの意識が伴った言い方である〕 → ます(助動)ませんでした(連語)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ませんの関連キーワード縦隔ヘルニア/縦隔転位医薬品中毒の症状と注意B群溶血性連鎖球菌海に千年山に千年山に千年海に千年呼び立て・呼立てとんでもないでありませんFAXモデム御目に掛ける同期センターませんだった公正証書遺言ませんかったませんでした使途不明金ませんですバルコニー遺憾ながら済いません

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ませんの関連情報