ません(読み)マセン

デジタル大辞泉「ません」の解説

ませ◦ん

[連語]
《丁寧の助動詞「ます」の未然形打消しの助動詞「ぬ(ん)」》丁寧な打消しの表現。「雨はまだ降っており—◦ん」
[補説]現代語では、「ませんでした」が「ません」の過去のを表すが、近世江戸語では「ましなんだ」「ませなんだ」の形もあり、また、後には「ませんかった」「ませんだった」の形もみられる。
《丁寧の助動詞「ます」の未然形+推量の助動詞「む」の音変化「ん」。近世語》連語ましょう」に同じ。
といふ女郎、私かけてあげ—◦んと、杉柄杓とりて」〈色三味線・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ません」の解説

ませ‐・ん

[1] (丁寧の助動詞「ます」の未然形に推量の助動詞「む」の変化した「ん」が付いたもの) =ましょう
※浮世草子・傾城色三味線(1701)江戸「山の井といふ女郎、私かけてあげませんと、杉びしゃくとりて」
[2] (丁寧の助動詞「ます」の未然形に打消の助動詞「ん」の付いたもの) 丁寧な打消の意を表わす。
洒落本遊子方言(1770)発端「なんぎいたす事じゃ御座りません」
滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「する事なす事、若輩(めへかた)のやうにゃア参(めへ)りませんはス」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android