もがな(読み)モガナ

  • 終助

デジタル大辞泉の解説

[終助]《終助詞「もが」+終助詞「な」から》名詞、形容詞および助動詞「なり」「ず」の連用形、助詞に付く。上の事柄の存在・実現を願う意を表す。…があればいいなあ。…(で)あってほしいなあ。
「み吉野の山のあなたに宿―世のうき時の隠れ家にせむ」〈古今・雑下〉
[補説]「もが」「もがも」に代わって中古以後用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(終助詞「もが」「な」の重なったもの。上代の「もがも」に代わって中古以後に用いられた形) 文末において体言・形容詞や打消および断定の助動詞の連用形・格助詞「へ」などを受け、願望を表わす。
※古今(905‐914)雑下・九六五「ありはてぬ命待つ間のほどばかりうき事繁く思はずもかな〈平貞文〉」
[語誌]成立に関しては一般に、願望を表わす「もが」に感動を表わす「な」の付いたものとするが、中古「もがな」が「も哉」とも表記されたこと、また「をがな」の形、さらには「がな」の形も用いられていることなどから、当時「も‐がな」の分析意識があったと推測される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もがなの関連情報