コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もしほ草 もしほぐさ

5件 の用語解説(もしほ草の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

もしほ草【もしほぐさ】

正称《横浜新報もしほ草》。1868年に米国人バン・リードEugene M.Van Reed主宰,岸田吟香共同で,横浜居留地で発行した新聞。週2回刊。平易な文章でよく売れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

もしほ草

長崎県長崎市、岩永梅寿軒が製造・販売する銘菓。求肥と昆布を練り合わせたもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もしおぐさ【もしほ草】

〔「横浜新報もしほ草」の通称〕
明治初期の冊子型新聞。1868年閏4月創刊、70年(明治3)3月、四二編で廃刊。岸田吟香とアメリカ人バン=リードが共同で発行、内外のニュースを平易な文章で紹介した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

もしほ草
もしほぐさ

横浜新報もしほ草」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

もしほ草
もしおぐさ

明治初期、横浜で発行された小冊子型の新聞。1868年(慶応4)閏(うるう)4月11日アメリカ人バンリードEugene M. Van Reedが主宰し、初め岸田吟香(ぎんこう)、のちに栗田萬次郎(くりたまんじろう)が編集を助けた。正式名称は『横浜新報 もしほ草』。この新聞の意義は次の3点である。第一に横浜居留地で発行されていたため、明治新政府の取締りを受けず、官軍が江戸占領後、一時江戸の新聞がすべて発行を中止した間も発行を続け、当時の社会情勢を伝えた貴重な新聞であること。第二に発行者がアメリカ人であったため、幕府を支持するフランス、薩摩(さつま)・長州の両藩を後援するイギリスなど、内乱の虚に乗ぜんとする外国勢力の恐るべきことを繰り返し(漫画などで)警告していること。第三に内乱平定後は、政論よりも新知識の紹介、風俗の改良などに力を入れていることである。1870年(明治3)3月13日の第42編で発行を中止した。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もしほ草の関連キーワード岸田吟香横浜新報もしほ草横浜新都市交通金沢シーサイドライン高知県高知市横浜新町野沢藤吉バン=リード《もしほ草》《横浜新聞》《横浜新報もしほ草》横浜新都市センター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone