コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もしほ草 もしほぐさ

百科事典マイペディアの解説

もしほ草【もしほぐさ】

正称《横浜新報もしほ草》。1868年に米国人バン・リードEugene M.Van Reed主宰,岸田吟香共同で,横浜居留地で発行した新聞。週2回刊。平易な文章でよく売れた。居留地発行のため維新政府の弾圧を受けなかった。維新の内乱期に,日本を利用しようとする諸外国の野心を指摘したほか,内乱平定後は新しい文明・制度の紹介につとめた。1870年第42編をもって休刊。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

もしおぐさ【もしほ草】

〔「横浜新報もしほ草」の通称〕
明治初期の冊子型新聞。1868年閏4月創刊、70年(明治3)3月、四二編で廃刊。岸田吟香とアメリカ人バン=リードが共同で発行、内外のニュースを平易な文章で紹介した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

もしほ草
もしおぐさ

明治初期、横浜で発行された小冊子型の新聞。1868年(慶応4)閏(うるう)4月11日アメリカ人バンリードEugene M. Van Reedが主宰し、初め岸田吟香(ぎんこう)、のちに栗田萬次郎(くりたまんじろう)が編集を助けた。正式名称は『横浜新報 もしほ草』。この新聞の意義は次の3点である。第一に横浜居留地で発行されていたため、明治新政府の取締りを受けず、官軍が江戸占領後、一時江戸の新聞がすべて発行を中止した間も発行を続け、当時の社会情勢を伝えた貴重な新聞であること。第二に発行者がアメリカ人であったため、幕府を支持するフランス、薩摩(さつま)・長州の両藩を後援するイギリスなど、内乱の虚に乗ぜんとする外国勢力の恐るべきことを繰り返し(漫画などで)警告していること。第三に内乱平定後は、政論よりも新知識の紹介、風俗の改良などに力を入れていることである。1870年(明治3)3月13日の第42編で発行を中止した。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

もしほ草の関連キーワードヴァン・リードバン=リード長崎県長崎市山本 露葉上原熊次郎廃刊

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android