やっとこ(読み)ヤットコ

デジタル大辞泉の解説

やっとこ

[副]かろうじて物事を達成するさま。やっとのことで。やっとこさ。「やっとこ逃げのびる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

やっとこ

鉄製の工具一種。てこの原理を利用して握力を増大させ,ものをつかむのに使用。鍛冶屋などが火つぼなどをはさむ道具を焼床ばし,焼床ばさみと呼んだところからこの名があるといわれる。小型部品の組立てや,針金,熱した等をはさんだり曲げたりするのに用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やっとこ【tongs】

鍛造される材料をつかむはさみ形の工具。通称はし〉。日本では鍛冶屋や鋳掛屋が熱した鉄や火つぼをはさむ道具を焼床ばし,焼床ばさみなどと呼んでいたことからこの名があるといわれる。旋回支点からの柄部が比較的長いので,てこの原理から握力を加えることができる。くわえ部の形は確実につかむ必要から,材料の形に応じて種々のものがある(図)。なお,針金や板金加工用のつかみ工具類も機能的には一種のやっとこであるが,それらは一般にプライヤーplierと呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やっとこ

「やっと」の俗語的表現。かろうじて。 -間に合う

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

やっとこ
やっとこ

物を挟む道具。釘抜(くぎぬ)きに似た形で、挟む部分が長方形をしている。針金、薄板、小さな機械部品などを挟んで持ち上げたり、部品を台の上にのせ挟んだままで加工するのに使用する。また板金作業にも使われる。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やっとこ

① かろうじて物事をするさまを表わす語。やっと。
② たどたどしく動き出すさまなどを表わす語。
※童謡・おもちゃのマーチ(1923)〈海野厚〉「やっとこやっとこ くりだした おもちゃのマーチが らったった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やっとこの関連情報