コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やっとこ ヤットコ

5件 の用語解説(やっとこの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やっとこ

[副]かろうじて物事を達成するさま。やっとのことで。やっとこさ。「やっとこ逃げのびる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

やっとこ

鉄製の工具の一種。てこの原理を利用して握力を増大させ,ものをつかむのに使用。鍛冶屋などが火つぼなどをはさむ道具を焼床ばし,焼床ばさみと呼んだところからこの名があるといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やっとこ【tongs】

鍛造される材料をつかむはさみ形の工具。通称〈はし〉。日本では鍛冶屋や鋳掛屋が熱した鉄や火つぼをはさむ道具を焼床ばし,焼床ばさみなどと呼んでいたことからこの名があるといわれる。旋回支点からの柄部が比較的長いので,てこの原理から握力を加えることができる。くわえ部の形は確実につかむ必要から,材料の形に応じて種々のものがある(図)。なお,針金や板金加工用のつかみ工具類も機能的には一種のやっとこであるが,それらは一般にプライヤーplierと呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やっとこ

( 副 )
「やっと」の俗語的表現。かろうじて。 「 -間に合う」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

やっとこ
やっとこ

物を挟む道具。釘抜(くぎぬ)きに似た形で、挟む部分が長方形をしている。針金、薄板、小さな機械部品などを挟んで持ち上げたり、部品を台の上にのせ挟んだままで加工するのに使用する。また板金作業にも使われる。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やっとこの関連キーワード工具工具鋼鍛造挟み入れるはさみとぎハサミの日はさむハサミ闇をつかむ男挟み揚げ挟み焼き

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

やっとこの関連情報