コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋳掛(け)屋 イカケヤ

4件 の用語解説(鋳掛(け)屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いかけ‐や【鋳掛(け)屋】

鋳掛けを職業にする人。鋳掛け師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鋳掛屋【いかけや】

なべ,釜など鉄・銅器の破損した所を同質の金属,またははんだで修理して歩く渡り職人。17世紀以降,鋳物師(いもじ)から分かれて専門化した職人である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いかけや【鋳掛屋】

鋳掛けは鋳物技術の一手法で,なべ,釜など銅・鉄製器物の破損を同質の金属,またははんだの一種である白鑞(しろめ)を溶かして継ぎ掛けることであり,その職人を鋳掛屋または鋳掛師といった。基本的には鋳物師(いもじ)から分化した専門職人である。その専業化は,白鑞の利用がひろまってきた17世紀になってからのことである。鋳掛師は居職であるが,鋳掛屋は出職である。二つの箱に道具をいれて7尺5寸の長いてんびん棒をかついで町中を歩いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鋳掛屋
いかけや

鋳掛は鋳物技術の一手法で、銅や鉄の容器の破損を同質の金属または白鑞(しろめ)(錫(すず)と鉛の合金、はんだ)を溶かして継ぎ掛けることであり、その職人を鋳掛屋または鋳掛師という。鋳物師(いもじ)から分化した専門職人。専業化は、白鑞の利用が広まり、また庶民の節約の意識と生活の知恵が高まってきた17世紀の江戸期になってからであり、鋳掛師よりも遅れてであろう。鋳掛師が居職であるのに対して鋳掛屋は出職である。二つの箱に道具を入れて7尺5寸(約2.3メートル)の長い天秤棒(てんびんぼう)で担いで町中を歩いた。軒下が7尺5寸なくては火を使うことは禁じられていたので、その高さを測るためであった。火吹き竹で送風したが、多くは小さいふいごを持っていた。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鋳掛(け)屋の関連キーワード鋳物師鋳掛松一手一手販売押しの一手チル鋳物鋼鋳物鋳掛鋳掛屋の天秤棒掛け接ぎ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone