コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

握力 あくりょくgripping

翻訳|gripping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

握力
あくりょく
gripping

手で。握力をはかる場合,楕円形鋼環の握力計手のひらで握って測定する。測定値はキログラムで表わし,体力テストの項目として広く用いられている。背筋力,脚筋力とともに重要な基礎体力指標である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あく‐りょく【握力】

物を握り締めるの力。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

握力

 握るときの筋肉の力.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あくりょく【握力 grip strength】

指を曲げて握りしめたときの筋力の最大値。手指屈筋群の筋力にあたる。通常生活でもよく使われる筋力なので,いろいろの筋力計測項目のなかでも代表的なものとされる。握力計測には,ふつう,親指のつけ根の部分と他の4指の第2関節部とで前腕と直角においた握り棒を握りしめ,最大努力で数秒間握って測る。個人ごとに握り幅を調節できるスメドリー式握力計が使われることが多い。日本人の平均は,成人男子で40~50kgぐらい,女子20歳代で30kg前後で,利き手が5kgほど優れている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あくりょく【握力】

物を握りしめる力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

握力
あくりょく

手でを握る力のこと。体力測定の際、筋力の指標として背筋力などとともに用いられる。一般的には、どれだけ強く握れるかという能動的握力を、握力計を使って、2~3回測定している。測定時には、腕から伸びている屈筋群が収縮している。連続して測定すると、人によって数回のうちに握力が低下する者と、低下しにくい者とがあり、最大筋力の大きい者が、かならずしも高い値を連続して維持できるとは限らない。また、左右の手で握力差が大きい者と小さい者とがある。これらは日常生活において、どのように握力を発揮しているかに影響される。継続的に握り締める能動的握力に対して、受動的握力がある。これは、握った手の指を伸ばそうとする、あるいは手のひらを開かせようとする力をかけて、どこまで耐えられるかを測定する。鉄棒などにつかまってぶら下がったりするときに発揮される力が受動的握力で、能動的握力よりも大きいが、両者間の相関はそれほど高くない。[小野三嗣]

握力計

握力測定の器具で、一般的に使われているのは、能動的握力を測定するのに用いられるスメドレー式握力計である。測定時には、グリップの幅を調節して人差し指の第二関節が直角になるようにし、立位姿勢をとり、振り回したり跳びはねたりしないようにして握り締める。これによって移動した針の目盛りが握力である。測定に際しては、手からばねに加えられる機械的な力をキログラム単位に置き換えて表す器具の性質上、正確な値を得るためには、握力計の示す値が正確であるよう調節しておくことがたいせつである。[小野三嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

握力の関連キーワード全国体力運動能力、運動習慣等調査フランツ ベッケンバウアーセンサフィードバック制御スポーツ庁の全国体力調査体力調査と奈良の状況党中央軍事委員会ウーリーモンキーフリードリヒ3世体力運動能力調査変形性肘関節症ダンベル体操アルミフリー全国体力調査新体力テスト社会人基礎力オマキザル圧覚センサ綠・力・緑プライヤー悪・惡・握

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

握力の関連情報