コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やる ヤル

デジタル大辞泉の解説

やる[助動]

[助動][やら|やり・やっ|やる|やる|やれ|やれ(や・やい)]《動詞「あり」の連体形「ある」の音変化》動詞の連用形に付く。
軽い尊敬、または親愛の意を表す。…なさる。
「それにお待ちやれ」〈虎明狂・末広がり
(「やります」の形で)丁寧の意を表す。
「この子が寒い寒いというて泣きやります」〈伎・暁の鐘〉
[補説]室町時代以降に用いられ、近世では終止形と命令形が多い。1は上接の動詞の上に「お」「ご」を付けることもある。2近世語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やる

( 助動 ) ( やら ・やり(やつ) ・やる ・やる ・やれ ・やれ(や) )
〔ラ変動詞「あり」の連体形「ある」から。中世末期以降の語〕
動詞の連用形、またはそれに「お」を冠した語に付いて、動作者に対する軽い敬意または親愛の気持ちを表す。また、ほとんど単なる丁寧の意を表すのにも用いられる。…なさる。 「ナゼニ山ワコノヨウナ赦免ヲバオ遣リヤッタゾ/天草本伊曽保」 「宮に遊んで乳吞みたいと、お末のたんと泣きやりました/浄瑠璃・天の網島 」 「これ、御あいさつを申しやれ/滑稽本・浮世風呂 2」 〔 (1) 命令形「やれ」は「れ」が略されて「や」の形ともなる。→。 (2) 上方語で、終止形「やる」に禁止の助詞「な」が付く時、「やんな」となることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

やるの関連キーワード若井やるき・たまる腕力に訴える遣らん方無し鞭を呉れる目を呉れる何が何でも遣り過ぎるどじを踏む木の葉採月面を見返す寒さ凌ぎぐびぐび遣り過ぎ遣り通す肩を貸す毛抜き親押し遣る打っ殺す暇を出す暇をやる

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やるの関連情報