コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やる ヤル

2件 の用語解説(やるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やる[助動]

[助動][やら|やり・やっ|やる|やる|やれ|やれ(や・やい)]《動詞「あり」の連体形「ある」の音変化》動詞の連用形に付く。
軽い尊敬、または親愛の意を表す。…なさる。
「それにお待ちやれ」〈虎明狂・末広がり
(「やります」の形で)丁寧の意を表す。
「この子が寒い寒いというて泣きやります」〈伎・暁の鐘〉
[補説]室町時代以降に用いられ、近世では終止形と命令形が多い。1は上接の動詞の上に「お」「ご」を付けることもある。2は近世語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やる

( 助動 ) ( やら ・やり(やつ) ・やる ・やる ・やれ ・やれ(や) )
〔ラ変動詞「あり」の連体形「ある」から。中世末期以降の語〕
動詞の連用形、またはそれに「お」を冠した語に付いて、動作者に対する軽い敬意または親愛の気持ちを表す。また、ほとんど単なる丁寧の意を表すのにも用いられる。…なさる。 「ナゼニ山ワコノヨウナ赦免ヲバオ遣リヤッタゾ/天草本伊曽保」 「宮に遊んで乳吞みたいと、お末のたんと泣きやりました/浄瑠璃・天の網島 」 「これ、御あいさつを申しやれ/滑稽本・浮世風呂 2」 〔 (1) 命令形「やれ」は「れ」が略されて「や」の形ともなる。→。 (2) 上方語で、終止形「やる」に禁止の助詞「な」が付く時、「やんな」となることがある〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やるの関連キーワード追い遣るやがる遣らふ遣らずもがなやられる遣らん方無し明け遣らぬ暇をやる消え遣らぬてや・る

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

やるの関連情報