コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆいきり ユイキリ

デジタル大辞泉の解説

ゆい‐きり〔ゆひ‐〕

テングサ科の紅藻。日本特産。浅海の岩上に生え、高さ約15センチ、暗紅色。茎は不規則に二またに分かれ、葉片が螺旋(らせん)状につく。葉片にはとげ状突起がある。寒天の原料。とりのあし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆいきり

紅藻類テングサ目の海藻。房総半島から九州にかけての沿岸の漸深帯の岩上に生育。高さは5~20センチメートルで、不規則に数回叉状さじように分岐。丸い葉状の小枝が重なり合って螺旋らせん状に茎をとりまく。寒天製造に用いる。鳥足とりあし。鳥の足。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ゆいきりの関連キーワード房総半島分岐小枝海藻生育