ゆべし

デジタル大辞泉プラスの解説

ゆべし

富山県西部に伝わる郷土料理。煮溶かした寒天に醤油・砂糖・みりんで味つけし、とき卵とショウガのしぼり汁を入れたものを器に流し入れ、冷やして固める。固まったら好みの大きさに切り分けて食する。主に祭りなどの行事食としてつくられる。同県東部や石川県に伝わる「べっこう」に似るが、甘さを控えた味つけ。「ゆべす」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゆべしの関連情報