コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイアシ Phacelurus latifolius (Steud.) Ohwi

2件 の用語解説(アイアシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アイアシ【Phacelurus latifolius (Steud.) Ohwi】

海岸の砂地の湿地に群生する大型のイネ科の多年草イラスト)。地下に太く長く横にはった根茎があり,茎は株を作り,粗大で,高さ1m余り,直径7mmにも及ぶ。葉は茎の節につき,多数。幅の広い線形で,硬く,無毛,長さ40cm,幅3cmにもなり,基部には長い鞘(さや)がある。初夏から初秋の間に,茎の頂に5~12個の太い総(ふさ)を散房状につけた大型の花序を出し,総は長さ10cm内外で,白っぽい緑色で多少紫色を帯びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイアシ
あいあし / 間葦
[学]Phacelurus latifolius (Steud.) Ohwi

イネ科の大形多年草。根茎は太く、横にはい、短い鱗片(りんぺん)に覆われる。稈(かん)は高さ約1メートル、葉の幅は4センチメートルに及ぶ。葉舌(ようぜつ)は短く、葉鞘(ようしょう)の上端と縁に毛がある。6~10月、稈頂に5~12本に分かれた花序を直立する。花序の枝は三稜(さんりょう)形、小穂が対をなしてつく。小穂の1個は無柄、ほかの1個は柄がある。各小穂は2個の小花からなる。和名は、アシに似るがアシではないためだといわれる。日本全土の汽水域の海岸湿地に群生し、朝鮮、中国にも分布する。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイアシの関連キーワード草葦四角藺稚児笹浜薊浜匙松菜赤手蟹行儀芝葮竹沼茅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイアシの関連情報